So-net無料ブログ作成
検索選択

缶ズ・バー 秋葉原ガード下 [トレンド]


RIMG0878.jpg
どこの家でも、ひとつやふたつ、あるいは、ため込んでいる人もいるかもしれませんが、テーブルの上に、ぽつんと置かれているだけでもとても気になる存在で、ラベルを見ながら、中身をたしかめて「いやいや、これはいざという時のものだからあとで……」などと、先送りしたくなって、ついつい何年も、眠らせてしまう人も多いかもしれません。だから、このような場所で、遠慮なく食べてしまうのもいいでしょう。


RIMG0884.jpg
この日は、ちょっと立ち寄り程度の気持ちで、午後9時にやってきました。ヨドバシカメラの並びでちょうどガード下のあたり。看板は、大人が立ち寄るバーといういでたち。控え目なところがおしゃれ。「缶詰 イコール 非常食」という観念を忘れさせてくれます。

RIMG0881.jpg
中は、それほど広くなく、八人から十人ほど座れる瓢箪型のテーブルが二つ。

RIMG0887.jpg
そしてスタンドテーブル。この時間、団体が二組。

RIMG0903.jpg
うまそうにタバコをふかすギャルペアが一組。立ち飲みスタイルを取りながらも、テーブルと座席は用意されるという女性客にも優しいスタイルのようです。


RIMG0886.jpg
店にはいると、ずらりと並んだ缶詰(40種類)から好きなものを選びます。それを、カウンターに持ち込み、アルコール類(ビールとかチュウハイ)を注文します。セルフ形式というやつ。缶詰は、カウンターであけてもらえて、開くだけでなく、温めて、皿に盛りなおして、テーブルまで届けられるものもあります。

RIMG0888.jpg RIMG0889.jpg←待ち札


この日たべたのは、「ゆず胡麻味の焼き鳥」と「おでん」、そして「レモンハイ」。焼き鳥の缶は、缶のまま、登場! 

RIMG0890.jpg
そうだそうだ。こうだったね。中をのぞきこんで、なにか安心した気持ちに包まれます。

RIMG0893.jpg
おでんは、なんと、すべて、ミニチュアサイズ。三センチ位のこんにゃく。1センチくらいのちくわ、うずらの卵。これはこれで、縮小サイズの芸術品なのかもしれません。

RIMG0895.jpg
店中はけっこう盛りあがっています。値段だけをみれば、居酒屋の方が安上がりではないかとおもったりしますが、新種のコミニュケーションをつぎからつぎへと産み出すアキバの町にあって、なにかの近未来を啓示するふところの深いお店なのかもしれません。

RIMG0902.jpg
レモンハイは、濃くてずしんときました。アルコールは薄めのものが出てくる、と聞いていたので、いがいでした。カウンター主のその時気分でかなりアバウトな幅をもって作られているようです。ちょっと立ち寄りのつもりだったので、滞在は20分程度。


焼き鳥缶(300円)+ おでん缶(500円) + レモンハイ(350円)でした。


RIMG0874.jpg


nice!(39)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 39

コメント 9

獏

話題になりましたね☆
まだまだお客さんはたくさんなのですね(@@;))
かく言う自分も行ってみたくてしょうがないのですが(笑)
ホワイトアスパラの缶詰・・・あるといいなぁ!☆

by (2013-06-12 19:28) 

ikamasa

獏さん! こんにちは。場所がわかりにくいところもあって、一見の客ははいりにくいのかもしれませんね。それでも、夜はけっこう流行っています。雰囲気が、独特で、アキバらしい、ということなのでしょうね。
by ikamasa (2013-06-12 20:17) 

pandan

ちょっと飲んで帰るのにいいですね〜
by pandan (2013-06-14 05:33) 

はなだ雲

「缶詰バー」意外と楽しそう、1度行ってみたいです
缶詰パッカンと開けたときの、あ。そうそう中身こうだったっていう
安堵感・・わかります♪


by はなだ雲 (2013-06-15 16:32) 

ikamasa

pandanさん! コメントありがとうございます。缶詰の種類が多いので、誘惑に負けると、ちょっと一杯では終わらないかもしれないですね。大勢でくる人もいて、使い方はさまざまなんだとおもいました。
by ikamasa (2013-06-16 09:24) 

ikamasa

はなだ雲さん!こんにちは。なにがはいっているかわかっていても、確かめるまでは気になりますね。焼き鳥や鮭缶は、何十年と、同じ規格ですね。同じ味、同じ素材をずっと作り続けるというのもたいしたものだとおもいます。
by ikamasa (2013-06-16 09:27) 

namie

ikamasaさま
こんにちは。

この「こてんぐ」の「おでん」は
熱狂的ふぁんがいるのご存知ですか!?
憤死悶死は必然!?の大人気「おでん」なんですよね。

それを、レモンチューハイでいただくなんて、
ひょっとしたらAB型でしょうか?
「めざましテレビ」でも、紹介されていて、
朝、おでんカレーライスにするっていうスタイルを
見ましたよ。どうして、柚子胡椒味の焼き鳥にされたかが気になるところです。
by namie (2013-06-21 18:40) 

ikamasa

namieさん! こんにちは。缶製品はほとんどだいたい味が濃く仕上がっているので、それを口にするときは、檸檬系だと最初からおもっていました。組み合わせとしては、よかったのかと。柚子胡麻は棚をのぞいた時に目の前にあったからなんとなく安心して選んだのだとおもいます。
by ikamasa (2013-06-22 11:08) 

namie

ikamasaさま
こんばんは。

5っ500円!!
namieも270円よりは高く購入でしたが、
500円には(・、・)ピックリ

http://tenguham.co.jp/specialty/history.html

折角ですので、ハムお伝えしておきますネ!
by namie (2013-06-23 03:43) 

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: